2010年05月20日

エコスプーン

IMG_03177.jpg
今週末は、なんだか暑くなりそうな天気予報。

さくらの季節も終わり、その後に続く一番人気ジェラートは、
  「バナナミルク」

ダズンフォージェラートのスプーンは、
エコスプーン。コーンで出来ています。
食べれます。

プラスチックスプーンは、10年近く前に止めました。
プラスチックスプーンを止めた事によて、
ジェラートのゴミが減りました。

面倒な分別もしなくていい。
まあ、今の東京都は、プラスチックは
燃えるゴミで分別しなくていいけどさ。

カップでテイクアウトの時でも、希望がなければ、
エコスプーンも付けません。
おウチのスプーンで食べて下さい。
 
エコスプーンを希望の方は、
店員に気軽に声をかけてください。
笑顔で応対しますよ。

みなさんといっしょにゴミを減らそう
ダズンフォーは考えています。


2010年05月19日

うたぽすとライブ

IMG_02988.jpg
うたぽすとさんのアコースティックライブ、楽しく終わりました。


観客、ダズンフォーにパンやジェラートを買いに来たお客さん
、思ってたより少なかったが面白かった。

自分もミニボンゴを適当に叩いていっしょに一曲だけ、参加させて貰いました。
カントリーを意識したオリジナル曲は 、
アコーディオン、バンジョー、ウクレレやギターを駆使し
軽やかなメロディーが歌声が、やんわり感漂う、日曜日の午後にピッタリ。

何枚か写真を撮ったのですが、二人共自分に酔ってるのか目をつむってるのばっかり。
唯一目が開いている一枚です。
もっと顔見たい方は、下にリンクしていますので、そちらからどうぞ。

次回のウチでのうたぽすとさんのライブは、
秋にCDが出来るのでそれに合わせてやります。
近くなったら連絡します。


http://utapost.web.fc2.com/

2010年05月18日

経堂お掃除大作戦 5.13

13日の経堂お掃除大作戦、40人ぐらい参加いただきました。
参加お手伝いいただいた方々お疲れ様でした。
そしてありがとうございました。
掃除日和と言うか、さわやかに晴れわたり気持ちよく、
経堂農大通りを掃除することができました。

今回初めて一般方の参加がありました。
房総から3時間かけて来てくれたそうです。
なぜ、そんな遠くから? と、聞くと。

以前、パクチーさんに来てちょっと長くいたら、
帰れなくなって困ってた時、
経堂のみなさんが、良くしてくれて助かったと。
それで、何か恩返しをしたいと思っていたところに、
ウチに貼ってあった
 「経堂お掃除大作戦」 の
チラシを目にして参加したとの事。
週に一度、会社の回りをしてるのでは軍手とトングは、持参してきたと。
スゲー、やる気満々。

別の方は、会社で参加しているが、個人的にこういうのは好きです。
ボソッと聞きました。 
など参加の理由は、いろいろ。

小さな理由ほど本音だろう。大切な気持ち大事にしたいね。


http://paxihouse.com/tokyo/

2010年05月12日

番外編 経堂二重丸

Untitled4.bmp
5月16日 日曜日

お昼過ぎとおやつのころ
『うたぽすと』さんの
アコースティックライブをやります。

ギター、バンジョー、アコーディオンを弾いて
うたをうたう、
店の近所に住んでいる音楽家2人組です。

ライブは店内でやります。
演奏中の
パン&ジェラートは、店頭販売する予定です。

お願い晴れてくれ~
ゲスト俺も。

http://utapost.web.fc2.com/

2010年05月10日

多摩川源流の森⑥

IMG_023222.jpg
  多摩川源流大学
~猟犬マリと春の多摩川源流の森を歩く~
 
に参加した目的は、
東京農大で扱っている、
多摩川源流水(ペットボトルで販売)を使ってダズンフォー食パンを作る事を考えている。

この源流水を買うと源流の森の植林活動費になると言う事。
ダズンフォーで食パンを買うと知らぬ間にエコ活動に参加してる事になる。
この考えは、カムカムと同じ。

カムカムジェラートを買うとアマゾンの森林保護活動費になっている。
アマゾンは地球の裏側なので、ピーンと来ないかもしれないが、
多摩川の源流水保護ならピーンと来るんじゃあないかな。
世田谷も接してる川だもん。

まずは、自分が体験しないと話にならない。
雨で歩きにくい、富士山も見えるパノラマは、なかったけれど、
雨が山に染み込み、やがて川の流れになる事を考えると、
少し目標を達成出来たかな。

大切な水、昔は水はタダだったかもしれない。
今は、自分一人一人が意識を持って守っていく水だと思う。

http://www.dozenfour.com/

多摩川源流の森⑤

IMG_02211.jpg
この霧の中を歩いて来た。
後は、下山して小菅の湯で体を暖かくしてから帰りました。

多摩川源流の森④

IMG_02255.jpg
この辺りは、二輪草やヤブレガサ(写真)が群生を作って咲くそうです。
例年だと咲き誇っているはずだが、4月の下旬だというのに今年の寒さで、
ちらほらしか見かけない。

2010年05月08日

多摩川源流の森③


こんな妖しい中を歩いて行く。
どっかに木の妖精がいる。いそう。いるかも。いたらどうしょ!!!

 

2010年05月06日

多摩川源流の森②

IMG_02266.jpg

 小菅村の方の案内で松姫峠から山歩き開始。
霧が凄い雨、オマケに風が寒さを増す。5℃以下。
こりゃぁ冷蔵庫の中だよ。

 放たれた猟犬マリちゃん楽しそう。途中何かを見つけたか、
マリちゃん吠える吠える吠える…。
写真の中のどこかにマリちゃんが居るはずだが???
 
 簡単なテントの中でお昼。相変わらずの雨風、寒い。源流大学のスタッフが
作ってくれた、小菅村の「こがねもち酵母」のみそ汁、中は小菅村の「ヒラタケ」。  
冷えた体には、ありがたい。それを抜きにしても美味しい。
地元の漬物やこんにゃくもうまい。

小菅村には、こんにゃくいもが土地に合ってるらしい。
味噌、こんにゃく、漬物、お土産に買ったのは言うまでもありません。

2010年05月05日

経堂お掃除大作戦 5.13

%E7%B5%8C%E5%A0%82%E3%81%8A%E6%8E%83%E9%99%A4%E9%9A%8A5%E6%9C%8813%E6%97%A5%28%E6%9C%A8%EF%BC%89.bmp
自分は、経堂農大通り商店街のお手伝いもしています。
その青年部で月に一度、農大通りと周辺のゴミ拾いをやっています。

いつも、商店街のお店の方々や農大生のみなさんにお手伝い
いただいて助かります。
清掃ボランティアを体験してみたい方、いっしょに経堂を
きれいにしませんか。

連絡先   03-3420-0124
ダズンフォー経堂 やぶもとまで

2010年05月04日

多摩川源流①

IMG_02199.jpg
4月27日火曜日、山梨の小菅村に行きました。これは、東京農大の公開講座の一つで
「猟犬マリと多摩川源流の森を歩く」もの。
経堂から電車とバスで3時間かけて小菅村の多摩川源流大学に到着。(写真)
あいにくの雨それに寒い7℃。
でも、なぜか楽しい。

中年の中、若者1人を含む6人の参加でした。

桜ジェラート

IMG_02866.jpg
今年の桜ジェラートも、もうすぐ終わり。
鬼が笑うかもしれないが、来年3月までお待ちください。

あ、まだ明日も売ってます。
シングル  ¥330
ダブル   ¥400
 
カムカムジェラートもよろしく。

2010年05月03日

オーブンの入替え⑩

IMG_02788.jpg
ダズンフォー窯で焼いたサークルベーコン¥380。

何度も何度も修理しつづけて使ってきたが、
くるとこまで来てしっまた。買うこと。 
このオーブンに決めるまでを話します。
 
取引先業者やネットで窯を探したりしてる中、ちょうどビッグサイトで厨房設備機器展をやっていた。情報収集の為、店のみんなと行く予定でいた。実際に足を運ぶとパンオープンを展示しているブースが何社かあり、回って話しをした。
 話す要点として、メンテナンスを重視した。今までこれで苦労したからだ。

 窯の能力は国内外、今は差がない様に思う。
ただブランド力と使い勝手がちょっと違うだけと思う。基本的な自分の考えは、物は人が売る。物が良くても人がダメならダメ。
 
 今回、タニコーさんに決めた理由は、ビッグサイトに行った翌日、訪ねて来てくれた事が最大の決めて。他社は、展示会が終わって一週間経ってからだ。その頃は、もう気持ちも大体決まってきてた。ネットで中古、フランスドイツの窯もあった。修理もあったが、新品買うぐらいな金額になった。一ヶ月ぐらい悩んだが、素早く対応してくれたタニコーさんにお世話になる事に決めた。
http://www.tanico.co.jp/

オーブンの入替え⑨

IMG_02099.jpg
オーブンの入替え完了。
DozenFourのプレート、ピカピカでいいねぇ。
楽しくて嬉しくてもう・・・。
今回のオーブンは、Tanicoさんにお世話になりました。
http://www.tanico.co.jp/

2010年05月02日

オーブンの入替え⑧

IMG_02066.jpg
三段目も取り付けられ、配線と給排水をセットしたらOK。

オーブンの入替え⑦

100422_100616.jpg
二段目。もう一段ある。

オーブンの入替え⑥

100422_095529.jpg
工事初日のいい天気から一転して、4月22日(木)は朝から雨。
しかし、こんな最悪の状況の中でも作業は進められた。
お窯さんも手慣れたもんで、アレヨアレヨという間に、
一段また一段とトラックから厨房へと運び、組み立てていく。